休業者にも感謝を!

カテゴリー:

ここ数日COVID-19に喘ぐ世界の国々の医療関係者の方々に感謝を示していることがマスコミのあらゆる番組でも紹介されています。しかし、実は休業に追い込まれている商業従事者がこの国に何人居られるのか皆さんは考えて頂いただろうか?確かに医療機関の人々は命がけで従事していることと人員不足で疲弊してしまっています。しかし仕事したくても社会の為に自宅待機に陥っている人々がいます。

この人々の人口がいくらくらい居られるのかご存知でしょうか?少なくとも大型商業施設がこの国に何件あるかご存知でしょうか?その施設には1物件に数百人から何千人もの人々が就業しています。今医療に次ぐ大きな規模の人々が自宅勤務ではなく、長期の自宅待機してくれているのです。あの社会のスキをついては堂々と営業する極小鉄球ゲーム盤のお店の人々。この行為は反社会集団に見えませんか。

自宅待機されている商業関係者の皆さん!もう少しで現場復帰です。もう一息頑張りましょう!私は働きかけたい、今商業に従事して半強制的に休業および自宅待機に追い込まれている人々にも、国民の方々に感謝の意を持ってもらいたいのです、少なくとも商業従事者は自分たちの福利強制で長期休暇をもらっているのではないのです。社会の皆さんの為に自宅でじっと辛抱してくれているのです。

商業者の努力が今一つ社会の評価を受けていない気がしてなりません。やはり私が一番改善したい士農工商の身分の卑しさ格差が、士である国や地方自治体の人々には拭えていないのではないでしょうか?商業者からは税金を取る時だけ国民皆平等とまやかしでごまかして、こんな非常事態にあの反社会極小鉄球ゲーム盤の奴らと同じように、「休めよ!」の一言扱いは酷すぎやしないだろうか?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2020年9月

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30