COVID-19が大きく世界を変えるのか?

カテゴリー:

新型コロナウィルス感染拡大に対する日本で発出されている緊急事態宣言が、遂に延期される方向で進んでいます。既に一か月緊急事態宣言の中、全国の小中高等学校と主要な商業者が休業し、外出自粛要請ですべての国民が自宅に留まることになりました。

ソーシャルディスタンスの浸透促進、クシャミと咳の世界標準の普及、自宅勤務の徹底で大企業だけでなく中小零細企業にも普及した、リモートワーク等通信活用の業務手法の普及と活用範囲の拡大。これらは私たちの生活スタイルを大きく変えています。

感染拡大を抑制するのが目的で人間の通勤はじめ移動が各機会に抑制され、外国からの旅行客の入国阻害から始まって国内の移動など各交通手段がお客様の居ない環境に喘いでいます。この結果有名航空会社の倒産も多くの人が予想しています。

この影響は航空会社だけで止まるでしょうか?日本が誇る新幹線は大丈夫なのでしょうか?貸し切りバスは?交通だけでなく、学校まで9月入進学性への変更までささやかれる事態に至っています。国も資金は豊富だと一部の人が口にしますが、本当に多くの企業を雇用も維持したまま存続を支援してくれるでしょうか?今COVID-19は誰も想像していなかった世界に、この国も変えてしまうのでしょうか?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2020年9月

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30