東京の感染急拡大その原因は

カテゴリー:

先ほどニュース速報で東京の感染者が1日で60人を超えたと報道されました。表面上のデータでは断然トップの拡大率に達しています。この感染者数の増大は一般的には首都の人口という分母が大きいことが最大の原因とされています。確かにこの説明は納得せざるを得ません。しかし、本当にそれだけなのでしょうか?

政府や知事の判断や言動にケチを付ける人マスコミを中心に少なくありません。しかし政府といえども知事といえども生身の人間たちが担っています。マスコミもこのウィルス問題をコンテンツにしていない日はありませんが、その中でさも偉そうに知事や政府のやることなすことを貶す人が多すぎないでしょうか?

この土日は不要不急の外出は自粛してほしいと知事が要請したその第一日目に、国民を更なる不安に落とすこの東京での感染急拡大のニュース速報。一部大手流通業なども関東圏の店舗を急遽閉める決断までしています。医療関係で苦戦を強いられている人々や、極力避けたい経済活動停止という私達の日々の生活に不安を落とす事態が現実に起こっています。

私は行政や首長の不備を今攻めるより、もっと感染拡大の背景を詳しく視てみる必要があるように思えてなりません。朝テレビを観ていると、通勤等止むを得ない外出もあるとはいえ、首都のここそこで外出している人が多すぎるように見えます。人口が多いから・・の言い訳以上に自粛への非協力者が多すぎないでしょうか?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2020年5月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31