7699円 2021年秋冬 Columbia コロンビア タイムトゥートレイルパンツ Time To Trail Pant メンズ ハイキングパンツ トレッキングパンツ アウトドア 撥水 紫外線カット PM0043 COLPM0043 国内正規品 スポーツ・アウトドア アウトドア ウェア メンズウェア ロングパンツ スポーツ・アウトドア , アウトドア , ウェア , メンズウェア , ロングパンツ,7699円,メンズ,PM0043,resco-f.com,Time,コロンビア,国内正規品,Trail,ハイキングパンツ,/curculionid1906921.html,Pant,2021年秋冬,To,紫外線カット,タイムトゥートレイルパンツ,撥水,COLPM0043,アウトドア,Columbia,トレッキングパンツ 7699円 2021年秋冬 Columbia コロンビア タイムトゥートレイルパンツ Time To Trail Pant メンズ ハイキングパンツ トレッキングパンツ アウトドア 撥水 紫外線カット PM0043 COLPM0043 国内正規品 スポーツ・アウトドア アウトドア ウェア メンズウェア ロングパンツ スポーツ・アウトドア , アウトドア , ウェア , メンズウェア , ロングパンツ,7699円,メンズ,PM0043,resco-f.com,Time,コロンビア,国内正規品,Trail,ハイキングパンツ,/curculionid1906921.html,Pant,2021年秋冬,To,紫外線カット,タイムトゥートレイルパンツ,撥水,COLPM0043,アウトドア,Columbia,トレッキングパンツ 2021年秋冬 Columbia コロンビア タイムトゥートレイルパンツ Time To Trail Pant メンズ COLPM0043 撥水 特別セール品 PM0043 アウトドア トレッキングパンツ 紫外線カット 国内正規品 ハイキングパンツ 2021年秋冬 Columbia コロンビア タイムトゥートレイルパンツ Time To Trail Pant メンズ COLPM0043 撥水 特別セール品 PM0043 アウトドア トレッキングパンツ 紫外線カット 国内正規品 ハイキングパンツ

2021年秋冬 Columbia コロンビア タイムトゥートレイルパンツ Time To 販売 Trail Pant メンズ COLPM0043 撥水 特別セール品 PM0043 アウトドア トレッキングパンツ 紫外線カット 国内正規品 ハイキングパンツ

2021年秋冬 Columbia コロンビア タイムトゥートレイルパンツ Time To Trail Pant メンズ ハイキングパンツ トレッキングパンツ アウトドア 撥水 紫外線カット PM0043 COLPM0043 国内正規品

7699円

2021年秋冬 Columbia コロンビア タイムトゥートレイルパンツ Time To Trail Pant メンズ ハイキングパンツ トレッキングパンツ アウトドア 撥水 紫外線カット PM0043 COLPM0043 国内正規品










タイムトゥートレイルパンツ
Time To Trail Pant

山歩きに最適な機能を備えた、ストレートシルエットの4WAYストレッチパンツ

Primeflex4WAYストレッチ素材を採用したトレッキングパンツ。
ポリウレタンを使わず、繊維そのものに伸縮を持たせたPrimeflex生地は優れたキックバック性があるため、動きの快適性に優れ、足の運びをやさしくサポートします。Primeflexの中でも軽量で耐久性があるリップストップ生地を使用し、紫外線から身体を守るサンプロテクション機能と小雨程度の雨や泥汚れを弾く撥水性を備えています。調節しやすいウエストナイロンベルトが付属。さまざまなスタイルに合わせやすいスタンダードなストレートシルエットなので、年齢を問わず幅広い層にフィットする履きやすい1本です。


紫外線保護指数50
UPF = 紫外線保護指数/UPF 50:強い日差し向け

4ウェイコンフォートストレッチ
縦方向、横方向への伸縮性があるモデル

エクストラポケット
ポケット内に小型ポケット付き

ラジアルレッグガゼット
股下にマチを設けた立体構造

フィッティング 通常のフィッティング。
重量(目安): 276g(Mサイズ)
素材:プライムフレックス4wayストレッチミニリップストップ(ポリエステル100%) 耐久撥水DWR加工
※サイズ、容量、重量等は個体、測定した季節等により差が出る場合があります。


Columbiaとは
コロンビアスポーツウェアカンパニーの創始者ポール・ラムフロムは、ドイツでシャツの縫製工場を経営していました。1938年に家族と共にドイツからアメリカのオレゴン州へ移住してきました。第一に挙げられるのが、1982年の"インターチェンジシステム"の登場です。それは現在もコロンビアの代表的なアイテムであるツー・イン・ワン・ジャケットで実現した画期的な機能。アウタージャケットとインナージャケットをジッパーで着脱し、気候に合わせて3ウェイの着こなしができる"インターチェンジシステム"は、多くのアウトドアファンに支持されました。コロンビアスポーツウェアは、アウトドアを愛するすべての人々に、品質を通じて新しいメッセージを送り続けています。
※メーカーやモデル等によりサイズ感は異なります。サイズは目安としてお考えください。
※写真の色と実際の商品の色は多少異なる場合がございます。
※商品画像はメーカー提供のサンプル画像です。
製品仕様・デザインは改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

正規品

未使用新品

当店のブランド商品は全て本物です。安心してショッピングをお楽しみください。



カラー Black(010) Grill(028) Trail(239)

サイズ S M L XL

2021年秋冬 Columbia コロンビア タイムトゥートレイルパンツ Time To Trail Pant メンズ ハイキングパンツ トレッキングパンツ アウトドア 撥水 紫外線カット PM0043 COLPM0043 国内正規品

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第5回 「襲撃すれば英雄になれる!」空気に支配された邦人……

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

死んだら「無」なのか、それとも「霊魂」になるのか

考える四季
佐伯啓思
  • まなぶ
  • こころ
  • エッセイ

第8回 キューバで「幽默大師」に出会ったはなし

ふしぎな中国語――日本語からその謎を解く
橋本陽介
  • こころ
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

17. バイトふっき

よりみち日記2
道草晴子
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第4回 日本は戦争に勝った! 戦勝デマがもたらした分断

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

六 私の「諸行無常」

お坊さんらしく、ない。
南直哉
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第3回 日米開戦、「敵性国」となったブラジルに閉じ込めら……

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕
  • こころ
  • インタビュー

受賞のことばと選評

小林秀雄賞
考える人編集部
  • まなぶ
  • こころ
  • エッセイ

第7回 「頭痛」と「腰痛」は一つの単語?

ふしぎな中国語――日本語からその謎を解く
橋本陽介
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

12.我慢と焦燥の夏

マイ・フェア・ダディ! 介護未満の父に娘ができること
ジェーン・スー
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第2回 ブラジルに夢を求めて移住した日本人たち

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

26. 日本大好き青年が見る夢とアフターコロナ in カ……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
小谷みどり

ランキング

15.流産あるあるすごく言いたい

雲取山でテント泊を満喫する

のどかな笹原を歩く達磨山縦走

MAIL MAGAZINE

とは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう――。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか――手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥


ランキング